光庭の家

「空」の力

住宅の中で、居間・座敷といった「公」の空間と、寝室・水周りのような「私」の空間の「混在」をどう秩序づけるか。
この住宅の「光庭」は、階段の前室を兼ねているが、基本的には「機能」を持たない。しかし一見無駄に見えるこの「空(くう)」こそが、住宅の中でせめぎあう「公」と「私」両方の空間の成立を助けてくれている。
「空(くう)」が、「公」と「私」の距離を調整し、同時に周囲を巡る「回廊」が平面全体をつなぐ。またそこには季節ごと、時間ごとに「空(そら)」からの自然光が射し込み、「日常生活」に変化と清々しさを与えてくれる。
「生活」を豊かにしてくれるものは、実は生活の「外」、機能を持たない「空」にあるのではないか、という提案。

 

撮影:infomercial

<はららの家>
場所:鹿児島県鹿児島市
竣工:2014年
施工:(株)吉見工務店
棟梁:有薗建築 有薗一徳
種類:戸建住宅
構造:在来木造
規模:地上2階建