パリのキャフェ / 1995

大学院時代に留学した、パリ建築第6大学(ラヴィレット校)での設計演習課題です。

留学の主な目的は修士論文の準備だったので、本来、設計演習の授業を受ける必要はなかったのですが、個人的にどうしても受けたいと思っていました。学生時代に何度も行われた設計演習の結果と、自分自身の実力に満足できていなかった私は、今後も設計を続けるならばこのままではいけない、何とか壁を破らねば、との思いから、設計演習の機会を求めていました。講座の担当教授はジャン・ピエール・ビュッフィ(Jean-Pierre Buffi)という現役の建築家です。

要求されたプログラムは、
「パリ20区、Place de la Réunion(議会広場) に、従業員の居住施設を伴ったカフェを計画する」

というもので、パリによくある円形の広場と、それを取り巻く環状道路に面した一角が、指定された敷地でした。

「結果」を出したかった私は、かなり頑張りました。3回あったプレ発表のたび、全く異なる案を提出し、教授たちには「毎回全然違うな!」と、半ば呆れたような顔をされていましたが。。こっちは毎回、下手くそなフランス語で必死の説明です。しかし一生懸命やるほど案はどうしようもなく行き詰まり、そのうち何とも言い表しがたい「欲求」が自分の中にあることに気づきました。それは、設計条件にない「ギャラリー」がないと、計画案が「全く面白くない」ということでした。

じつのところ「ギャラリー」すら建前でした。「意味=プログラム のない空間」がどうしても欲しかったのです。

最終的な提出案は、「広場」の円形の輪郭には沿っていませんが、もともと隣の敷地の建物がすでに円形の輪郭を守っていませんでしたので、敢えてそのファサードに位置を揃え、街並みから突出しない – 「そこにある現実」にフィットするファサードとしました。

そうした「外面」をつくっておき、建物の内部で、自分の表現を果たすことを考えました。それは、「日常性」を「異化(いか)」する場所を作ることです。「異化」というのは、慣れ親しんだ、というよりむしろ、ウンザリするほど慣れて、麻痺し、全てを当たり前と感じるようになった「日常の意識」を、カサブタを剥がすようにひっぺがす、または動かしてやる、というような意味です。

そのころから僕は、特定の「もの」には「ここはこういう空間である」という「意識」を発生させる力があると考えていました。わかりやすい例で言えば、ホテルのロビーなどに、映画賞の表彰式などで床に敷かれる真っ赤な帯状の絨毯、「レッドカーペット」が敷いてあったとします。するとその上には、帯状の「特別な空間」が(意識の上で)発生します。その「レッドカーペット」が、ホテルの床の向きとズレて敷いてあったとしても、「変な敷き方だな」と思いながらも、やはりそのカーペットの上には特別な「空間」があることは変わらないと思います。この課題案でも、この、特定の「もの」が「空間」を生み出す「力」を使おうと考えました。

具体的には、この案では、道路の「アスファルト舗装」が、「日常生活」という「意識」を建物の中まで運んでくれるのではないかと考え、普通は建物の入口手前で終わるアスファルト舗装を建物の中にまで引き込んで、そのまま床にしています。そして、客が奥に進むと、突然そこには巨きな「無意味な空間」が現れ、アスファルト舗装の足元はいつの間にか「無意味への飛び込み台」に変わっている – という、丁寧に言葉にしてみると、恥ずかしいくらいにシェマティック(図表的)な平面計画ですが、「パリのキャフェ」ならば、それくらいのことを期待しても良いのではないかと思ったのです。

もう一つのプログラムだった「職員の居住施設」については、ギャラリーの考えを強く表現するために控えめに、建物の上層階に置いています。しかしこの案は嬉しいことに、最終発表の際、教授から「シンプルで、本質を突いている」と、高い評価をいただくことができました。その時、発表を見に来ていた同じ寮の友人(音楽家)は、いつも私が行き詰まってウンウン唸っているのを知っていたのですが、寮に戻ると、この「凱旋的プレゼンテーション」を、周囲の友人たちに大いに喧伝してくれました。恥ずかしいと同時に嬉しい思い出です。

この時発見した、自分の中の「意味のない空間への欲求」は、実際の設計をするようになった今でも強くあります。「意味がない」ということは「存在価値がない」ということではなく、むしろ過剰な「情報」や「意味」の中で溺れるようにして生きている現在の私たちにとって、新鮮な空気のように重要な存在だと考えています。それはさらに、パートナー・戸高千世子とアートワークで協働することになったことで、現在、様々な形で表現されるようにもなってきています。

< What ODE Thinks ?