写楽の家

住宅のアイディアコンペ案です。
タイトルがそのまま、コンペの「題」になっています。

「写楽」は江戸時代の浮世絵画家、東洲斎写楽のこと。
彼の描いた「役者大首絵」を題材しています。

「大首絵」は、芝居のワンシーンの役者の姿を切り取ったポスターのようなものなのですが、
描き方が面白く、「役」(そのシーンの台詞、しぐさ、衣装など)と、「役者」(顔つき、骨格、肌のいろなど)の描写が、
同じ強度で一つの絵の中に重ね合わされ、まるで2つの違う方向に引っ張られているような「張り」を感じます。

「役」はイメージ上の存在、「役者」は現実の存在ですから、本来無関係なものです。
「大首絵」には、それらが「共存」している。

ところで、こうした「役」と「役者」の関係は、
建築の「室名(機能)」と「空間(実体)」の関係にも当てはまるのではないでしょうか?

そうした考えで案をまとめました。

「空間」で実現された「室名」のオブジェ。
つまり(このへんの理屈は、コンペ案の図面を見てください)「壁の中」に住む人の家。

悪くないと思ったのですが、残念ながら提出には間に合わず、お蔵入りとなってしまいました。

< What ODE Thinks ?