「空」のちから

建築家は、「空」のちからと、その「良さ」をよく知っています。

「空」とは。

「あき」:部屋と部屋との間を丁度よく離しながら、壁のようには切らない「隙間」
「から」:役目が決まっていないこと、もので埋まっていないこと
「くう」:「から」だから現れる「空間そのもの」の魅力
「そら」:息苦しい「生活」に差し込む、自然=そのときどきの空(そら)の光

ほとんどの場合、住宅の設計では、限られた広さに様々な機能や部屋を詰め込むことが要求されます。

「空」の部屋を作りませんか?と提案しても、「もったいない!」「無駄です!」と、
どうしても言われてしまいますが。。

ときには矛盾する要望を両立させてくれたり、生活に清々しさを与えてくれる、
それこそが「空」のちから、なのです。

写真(模型以外):infomercial

「はららの家」

場所:鹿児島県鹿児島市原良町
竣工:2014年
施工:(株)吉見工務店
棟梁:有薗建築 有薗一徳
種類:戸建住宅
構造:在来木造
規模:地上2階建